丸の内OLの投資メモ

元読モのOL@丸の内。ゆるっとがっつり働きながら、日本株、米国株、不動産、確定拠出年金、仮想通貨への投資で早期リタイアを目指します。でもキラキラ感も忘れない♡ 宅建士・簿記2級保持^^

投資用不動産購入物語⑤

こんばんは、丸の内OLです。

 

現在南米ベネズエラではハイパーインフレが発生しており、スーパーで食べ物を1つ買うにも両手で持たないといけないくらいの金額のお金を持っていかなければいけない状態になっています。

 

その状態を打破するため、通貨の単位を切り下げる「デノミネーション」が行われることとなり、通貨はゼロを5つ取った10万分の1になることになりました。

 

ではなぜ、ベネズエラの通貨「ボリバル」はこんなに激しいインフレになってしまったのでしょうか。

 

貧困層中心にばらまき政策(家を無料であげたり)を行った上、原油価格の低下が顕著となりベネズエラ経済が悪化したからです。

 

結果、ベネズエラへの信頼が下がるのと比例して通貨の価値がどんどん下がり、同じものを買うにも今までよりも多くの「ボリバル」を提供しないと交換できないようになってしまったんです。

 

このハイパーインフレジンバブエやトルコなど、過去に複数の国で実施されたことがあります。

 

翻って日本はどうでしょうか。

日本経済は好調だと言われています。

 

でも丸の内OLは今後インフレが日本でも起こる可能性があると考えています。

 

日銀は今の総裁になってから物価2%上昇を掲げて極端な金融緩和を行っていますが、いまだ目標は達成されておらず達成目標時期は年々曖昧に修正されています。

 

また、日銀はマーケット下支えのためにETFなどを定期的に購入していますが、ずっと買い続けたせいで、日本のDGPを日銀の総資産を超えてしまうという異常な現象が起こっています。

 

もう打つ手がないんです。

何かトリガーになることがあったら、インフレに振れる可能性は否定できないと思っています。

 

インフレになると給与も上がる傾向がありますが(そうしないと暮らしていけず、勤め人が暴動を起こす可能性があるからです)、物価の上がるスピードの方が早いです。

 

では、そんなインフレに備えて持っておくべき資産は何でしょうか。

一般的には現物が強いと言われています。

 

逆に弱いのは現預金そのものです。

キャッシュはそのもの自体に価値がある訳ではないからです。

 

日本の9割の人は投資を行っておらずただ「預貯金」しか持っていません。

投資を行っている人は全体のたった1割に過ぎないのです。

 

日本の9割の人は日本でインフレが起きたら、どんどん価値が下がっていくせっかく貯めた「預貯金」とインフレのスピードに付いてこれない給与に頼って暮らすしかないんです。

 

ここで、現物資産を持っていれば10人に1人になれることがわかります。

丸の内OLはこんなインフレにも備えて、資産を分散投資しているんです。

 

では現物投資として代表的なものは何でしょうか?

不動産が代表的なものだと考えています。

 

むしろローンを組んで買っているので、不動産のローン金額は同じままインフレが起こってくれたら家賃は多くもらえるし資産価値は上がるしでありがたいんです。