丸の内OLの投資メモ

元読モのOL@丸の内。ゆるっとがっつり働きながら、日本株、米国株、不動産、確定拠出年金、仮想通貨への投資で早期リタイアを目指します。でもキラキラ感も忘れない♡ 宅建士・簿記2級保持^^

手が届きそうで手が届かないことへの嫉妬

こんばんは、丸の内OLです。

皆さんは「日経Woman」という雑誌をご存知でしょうか?

 

割とマネーリテラシーが高い女性をターゲットにした、お金とキャリアにまつわるあれこれネタを毎月提供してくれるとても面白い雑誌です。

f:id:MarunouchiOL:20181112220933j:plain

Photo by Kal Loftus on Unsplash 

 

HPもあります。

wol.nikkeibp.co.jp

 

丸の内OLが昔読者モデルをやっていた、働いている女性向けファッション雑誌でもマネーに関する特集が組まれることは結構あります。

 

でも日経Womanは本気度が高いのだけれども、そこまで投資にまだ詳しくない…という人にもとっつきやすい記事を紹介してくれていて、とってもお勧めです。

 

さて、そんな日経Woman。

大体毎月チェックしているのですが、定期的に特集が組まれているなぁと思っている企画がいくつかあります。

 

仕事をしている女性の手帳術などもその一つなのですが、一番定期的にあって気になっているのは「1,000万円貯める」という巻頭特集です。

 

 

毎回のパターンとしては、1,000万以上貯めた読者の具体的な事例(部屋の写真や資産状況の紹介アリ)、アンケートなど大体お決まりの構成となっています。

(でも毎回見たくなる不思議)

 

やっぱり現実的で「頑張ればなんとかなりそうな」キリのいい数字というのは、人々の好奇心を刺激するんでしょうね。

 

これが「1,000億貯める!」とかじゃ遠すぎてとてもじゃないけど達成できなさそうですもんね。笑

 

アラブの石油王とか段違いのお金持ちには嫉妬しないけれど、年収1,000万で自分より少しいい暮らしをしている、いい車に乗っているとかそういう「手の届きそうで届かない」事象には嫉妬心が生まれがちです。

 

そしてそういう「嫉妬心」はときに目的を達成するための強力なエンジンとなりえます。

 

そのエネルギーをその相手に対するディスりや愚痴などに使うのではなく「手が届きそうで届かないと思っていた」層になるための力にしましょう。

 

そして、到達しその目標を乗り越え、早期リタイアしてやりましょう!

 

そんな風に心を新たにした丸の内OLでした。笑

お読みいただきどうもありがとうございました。

Enjoy your lovely days!丸の内OLでした。

 

「手が届きそうで届かなかった」憧れの層に近づくために…

まず、自分のマネーリテラシーをパワーアップさせませんか?

「いいなぁ」と思っているだけでは変われません。

 

★スクール形式で仲間と学びたい!方は。

★マンツーマンで指導してほしい人は。

 体験記もありますよ♪

 

marunouchiol.hatenablog.jp

  bookee

 

★男性がいるとちょっと話しにくいから女性だけがいいな…という方は。

マネカツ