丸の内OLの投資メモ

元読モのOL@丸の内。ゆるっとがっつり働きながら、日本株、米国株、不動産、確定拠出年金、仮想通貨への投資で早期リタイアを目指します。でもキラキラ感も忘れない♡ 宅建士・簿記2級保持^^

会社員のメリットを考えてみた!

こんばんは、丸の内OLです。

早期リタイアを志す人わたしたちはつい「会社員をやめたい」と「会社員であることのデメリット」にばかり目が行ってしまいがちです。

 

そこで会社員であることのメリットについて今日は改めて考えてみたいと思います。

f:id:MarunouchiOL:20181117190153j:plain

Photo by Adeolu Eletu on Unsplash

 

①社会的信用がある

これは大企業、公務員であるほど顕著で大体勤続3年を超えれば住宅ローンも低金利で借りることができます。

 

住宅を買う時には数千万を35年かけて返す、という契約を交わすわけですが35年も安定して収入があるとみなしてお金を金融機関は貸してくれるのです。

 

これってすごいことですよね。

35年もたったら結構社会が変わってしまっているというのに。

 

まぁ金融機関も不動産をローン貸付時に担保に取っているので、とりっぱぐれるリスクは少ないということもありますが、若者でも何千万も借りられる信用力が「その会社で働いていること」で得られるのが大きなメリットです。

 

またこの力はクレジットカードを作るときにも発揮されます。

初めは限られた数十万の枠しか付与されませんが、安定的に使って支払いを行っているとどんどん枠が膨張していきます。

 

クレジットカードは何も担保を取っていませんから、100%信用力だけ見て貸しています。

 

②ぼーっとしていてもお金がもらえる有給休暇が付与される

これは会社によって付与されるタイミングや日数は若干異なるかもしれませんが、1年で20日程度「会社を休んでもそれは給与のうちですよ」という日が与えられます。

 

この日は労働力を提供しなくても、何をしていてもお金がもらえます。

 

③仕事ができなくてもその会社にいる限りお金がもらえる

これは丸の内OLの会社であった実話ですが、パソコンが全然使えない女性(40代後半)がいました。

 

電話もろくに取れないそうです。

 

あまりにひどいので(新卒からずっと同じ会社にいて、PCが導入されたのはもうだいぶ前のはずなのに、なぜ使えないのかは謎です…)会社のお金でパソコンスクールに通わせていました。

 

なのに!!

まったく彼女のスキルは上達しませんでした…。

 

この人の分の仕事は周りの別の人がしており、彼女は何といった仕事はしていませんでした。

 

でも会社員であるからお金がもらえるんです。

 

これが自営業だったらどうでしょう。

多分全く売り上げをあげることができないに違いありません。

 

この人の例は極端ですが、このように「何もしなくてもお金がもらえて、社会的信用が得られる」のが会社員のメリットです。

 

なので、「何も考えたくない」「楽してお金を稼ぎたい」という人は自分で事業をしたりブログを書いたりするよりも、会社員でいることが一番合理的な選択であると言えます。

 

猫も杓子も「会社を辞める!」のではなく、自分はどういう性格なのか、何か向いているのかよく自分自身と向き合って判断する必要があります。

 

結果会社員が向いているな、と思った人は節約してそのお金を全部お任せで運用してくれるロボアドバイザーサービスを利用するのがお勧めです。

 

比較するためにいくつか同時に運用してみるのも面白いですよ。

手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用【ウェルスナビ】

投資は、ロボが。人生は、あなたが。 THEO

 

お読みいただきありがとうございました。

Enjoy your lovely days!丸の内OLでした。

 

 

全身脱毛+VIO脱毛