丸の内OLの投資メモ

元読モのOL@丸の内。ゆるっとがっつり働きながら、日本株、米国株、不動産、確定拠出年金、仮想通貨への投資で早期リタイアを目指します。でもキラキラ感も忘れない♡ 宅建士・簿記2級保持^^

早期リタイアに向けてチャンスを掴む!

こんばんは、丸の内OLです。

先月からの異常気象では?というくらいの猛暑が少し落ち着いてきましたね。

 

最近はあまりに暑すぎて眠れないのでクーラーを付けたまま寝てましたが、久しぶりに明け方寒くて目が覚めました。

急激な気温変化は身体にこたえるのでご勘弁いただきたいです…。

 

先日読売新聞に、政府が来年度からIT業界を中心に沖縄でのテレワークを誘致するという話が載っていました。

www.yomiuri.co.jp

 

今年の秋に名護で実証実験を行うそうです。

 

これだけIT環境が整っているわけですから、東京に一極集中している状況を改善できて地元経済にも貢献できる取り組みはぜひもっと積極的に取り組んでほしいです!

 

個人的には寒い時期は沖縄、暑い時期は北海道で仕事をしながら、残りの季節は都会で仕事をしたいかな~。

働き方も多様性が認められるように早くなってほしいです。

丸の内OLは今現在在宅勤務もできないですが「自由な場所でやりたい仕事をする」ことが当たり前になる世界が早く来ることを強く希望します!

 

では、本題に入ります。

 

人にやる気を出させる方法とは?

 

f:id:MarunouchiOL:20180817223703j:plain

Photo by Dani Vivanco on Unsplash

「ほめちぎる教習所」のやる気の育て方

丸の内OLの会社では朝礼があり、輪番制で同じ部の人にスピーチをする機会があります。

 

「私が仕事で気を付けていること」などを話す人が多く、会社への忠誠心が非常に低い丸の内OLはいつも話半分くらいにしか聞いていません。(すみません…)

 

ただ、先日聞いたスピーチは興味深い点があったので今日はそのお話をしたいと思います。

 

その方は最近読んだこちらの本をご紹介されていました。

 

 

三重にある自動車教習所の話なのですが、若者の車離れが進み人口も減っている地方なので、業績が低迷していたそうです。

 

そんな教習所があることをきっかけに、V字回復を果たしたきっかけが「生徒をほめる」ということでした。

 

「ちゃんと止まれてすごいやん」

この一言を言ってあげるだけで、モチベーションが上がり自発的に考えて能動的に動くことができるようになったそうです。

 

この話を聞いて丸の内OLは、切り口は違いますが最近読んだコミュニケーション2つの本と共通点があることに気が付きました。

わたしが最近読んだ本との共通点とは

 

1冊目:ハリウッド流すごい会話術

 

放送作家の方がアメリカ留学時に受けた「即興力」の授業で学び、会話を以前よりもスムーズにできるようになったことをきっかけに、日本人向けにその知識をアレンジした本です。

 

 

 

2冊目:シークレット婚活塾

 

元カリスマホストの恋愛塾講師が主宰している女性向け恋愛講座で紹介している実践法を紹介しています。

 

 

共通点はなに?

「相手の良いところをみつけてほめる」

ということです。

 

コミュニケーションしようと思う相手の良いところを即時に見つけて伝える、というのは高等スキルです。

  

あの人のここが嫌だ、こういうところがムカつく、そしてあの服は趣味が悪い、など「悪いところ」を見付けて文句を言うのは簡単なのですが、逆はやってみようとすると案外できません

 

なので丸の内OLは最近、通勤中にすれ違う人を見て「この人をほめるとしたら、どこかな」と考える練習をしています。

 

1冊目にご紹介した本に記載があってなるほどと思ったのですが、アメリカでは即興力を鍛えるための授業があるそうで、幼いころから訓練をしているそうです。

 

確かにアメリカの政治家のスピーチは、日本の政治家と比べて話に引き付けられます。(ああいう方はさらに特訓をしているのでしょう。)

 

あと、学生の頃アメリカに短期留学した際に「あなたの今日のTシャツ、かわいい!」などとほめられて、日本ではそんな経験がなかったのでびっくりした思い出があります。

 

そして褒められると、その人に対してどういう印象を持つでしょうか。

 

先ほどの例で例えるならば、「Tシャツがかわいい」と褒められたということは「そんなかわいいTシャツを選ぶあなたはすごい」と言われたことになり、必然的にそう言ってくれた相手に対して好印象を持つようになるんです。

 

また「そんなかわいいTシャツを選ぶことができるセンス」を持っている自分の自信が高まるんです。

 

そうすると、どんどん良い方へ物事が動き出していきます。

 

結局は情報戦

感じのいい人とそうでない人、どちらが有利か

昨年ビットコインの値段が爆上げして、大騒ぎになり猫も杓子もビットコイン買う状態になりました。

 

しかもちょうど話題になった時期が12月とボーナスシーズンであったことから、大金を突っ込み溶かしてしまった人が多発しました。

 

ビットコインは話題になる直前に出てきたものではなく、何年も前から存在していました。

知る人ぞ知る投資対象だったわけです。

 

一番得したのは、ビットコインの創成期に情報をゲットして投資していた人で、昨年のビットコイン狂騒曲のころには利益を確定させてさっさと市場から撤退していたんだと思います。

 

泣くことになった人と笑うことになった人の差は何なのか。

情報を知っていたかどうか、そしてその入手チャネルが多寡だと思います。

 

人はいい印象の人にはいろいろ話したくなり情報がどんどん集まってきます。

逆に悪い印象の人とは口を利く気すらしなくなります。

 

要は情報戦なんです。

 

チャンスは逃したらもう巡ってこない

文句を言って相手を変えるのは難しいです。

自分だったらムカついて反発します。笑

 

でも、自分を変えることは頑張ればできますし、自分の接し方が変われば相手も変わります。

 

「相手のよいところをみつけてほめる」のは、始めは言いなれていないので恥ずかしいです。

そしてわざとらしくないかな?など気になりますが、練習していると段々それが当たり前になってきます。

 

丸の内OLも最近仕事相手にも彼氏にも、「こういうところがうれしかった。こうしてくれてとても助かった。ありがとう」ということをことあるごとに伝えています。

 

今のところそう言って嫌がられたことはありませんし、逆に関係がよくなっています。

手間もお金もかかりませんので、ぜひお試しください♪

これも大事な投資の一つだと思います。

 

まとめ

人とのコミュニケーションに大切なのは、相手を肯定し感謝を伝えること

「人たらし」になって

人望もお金も一緒にゲットしましょー♪

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

Enjoy your lovely days!丸の内OLでした。